雇用契約書、労働契約書、業務委託・請負契約書、売買契約書、金銭に関する契約書などの作成は契約書作成のプロにお任せください!
トップに戻る 契約書の作成

取扱業務 契約書の作成

業務の流れ 契約書の作成

料金のご案内 契約書の作成
契約 契約書 賃貸借契約書 業務委託契約書 請負契約書 取引基本契約書 売買契約書 遺言書 法律 作成
契約形態別 契約書作成
雇用契約書(労働契約書)契約書の作成

業務委託契約書
契約形態別 契約書作成
事業者 契約書作成
不動産業経営 契約書の作成

飲食店経営 契約書の作成

農業経営 契約書の作成

ホームページ制作業経営 契約書の作成

中小企業一般 契約書の作成
事業者の皆様、事業を進める過程では常に契約書が必需品となります。お客様とのトラブルを避けるため、正しい契約書づくりをお任せください!

契約 契約書 契約書作成 賃貸借契約 業務委託契約 請負契約 取引基本契約 売買契約 遺言書 法律 作成

個人 契約書作成
お金の貸し借り 借金 契約書の作成

不動産売買 契約書の作成

大家さん 契約書の作成

離婚のこと 契約書の作成

相続のこと 契約書の作成
離婚や相続問題、お金の貸し借りなど個人の生活の中でも契約書が必要となる場面は多くあります。皆様の家庭や家族、生活などを守るためにも正しい契約書づくりをお勧めします!

契約 契約書 契約書作成 賃貸借契約 業務委託契約 請負契約 取引基本契約 売買契約 遺言書 法律 作成

代表からのご挨拶 契約書



よくあるご質問 契約書

事務所のご案内 契約書

プライバシーポリシー 契約書
お問い合せ 契約書作成
行政書士 山中賢一 契約書作成 大学在学中に学習塾を立ち上げ、友人と共に共同経営を始める。
公立高校合格率100%を達成するも、経営者としての知識・経験不足を痛感し、自己研鑽のため大学卒業と同時に上京する。
東京では、司法書士事務所に勤務し、数多くの案件に携わる。
同事務所内にて、行政書士として独立開業し、東京では様々な人と出会い、様々な経験を積んで糸島に戻る。
糸島の地で”アライアンス”を理念に掲げ、日々奮闘中。
アライアンス総合ページはこちら

契約 契約書 契約書作成 賃貸借契約 業務委託契約 請負契約 取引基本契約 売買契約 遺言書 法律 作成


トップに戻る 契約 契約書 作成 法律 取扱業務 契約 契約書 作成 法律 業務の流れ 契約 契約書 作成 法律 料金のご案内 契約 契約書 作成 法律
中小企業 契約書作成 中小企業 契約書作成

中小企業 契約書作成 中小企業 契約書作成
中小企業 契約書作成
中小企業 契約書作成
中小企業 契約書作成
中小企業 契約書作成
中小企業 契約書作成

ビジネス 契約
どのような業種であれ、その事業の根幹をなす業務に全力を注ぐ必要があることは言うまでもありません。かと言って、それ以外のことを放ったらかしにしておくわけにもいきません。

重要なことは、いかに全力を注ぐ状況を作り出せるかということです。
物事を有利に進めるために、リスクを最小限に抑えるために、トラブルを予防するために、万一の紛争に備えるために戦略的に考える必要があります。
ビジネス 契約

戦略 契約
戦略 契約書作成 契約を考える上では、法律を考慮することは不可欠なことですが、この他にも考えるべきことは数多くあります。

物事を有利に進めたいから、リスクを最小限に抑えたいからといって、一方的な契約内容にしたり、相手方にリスクを全て負担させるという内容は現実的ではありません。

このような当事者相互の関係までも考慮する必要性があります。

作成例 契約書

■秘密保持契約
秘密保持契約とは、個人や法人が所持するノウハウや営業秘密などの秘密情報を、第三者への提供や目的外使用をされることを防止するための契約のことを言います。
■(準)委任契約(業務委託契約)
委任契約とは、当事者の一方が、法律行為をすることを相手方に委託し、相手方がこれを承諾することによって、その効力が生じる契約のことを言います。
なお、準委任契約とは、法律行為ではない事務を委託する場合の契約のことを言います。
■損失補償(担保)契約
損失補償(担保)契約とは、当事者の一方が、相手方において、一定の事項や事業等から将来被る可能性のある損害について、相手方に対しその損害を賠償することを約束する契約のことを言います。
■販売店契約、代理店契約
販売店契約、代理店契約とは、特定の企業が製造した製品等を継続的に販売する契約のことを言います。
両者の違いは、商品の販売に関する裁量の有無にあると言えます。
すなわち、販売店契約には商品の販売に関する裁量があるのに対し、代理店契約にはありません。
■売買契約
売買契約とは、当事者の一方が、ある財産権を相手方に移転することを約束し、相手方がこれに代金を支払うことを約束することによって成立する契約のことを言います。
■リース契約
リース契約とは、リース業者が販売業者(サプライヤー)から物品や物件を購入し、それをユーザーに賃貸して使用させ、ユーザーがそれに対してリース料を支払うことで購入代金等を回収する契約のことを言います。


●事例
中小企業 契約書作成
ある商品の販売を主とするA株式会社は自社の社員の営業力向上を図るため、B株式会社にコンサルティングを依頼した。その際に、コンサルティング業務委託契約を締結し、契約書も作成した。
契約期間は1年間であったが、半年経っても一向に営業成果が上がらない。B株式会社に対する報酬を毎月支払うことになっていたため、費用対効果も考えた上で、A株式会社は契約を解除しようと考えた。そこで、契約書を確認したところ、解除に関しては「双方協議の上、解除するものとする。」という規定になっていた。
A株式会社はB株式会社に解除したい旨を伝えて、協議をしたところ、コンサルティングに関する様々な説明をされて、結局残りの半年間も契約を継続することになってしまい、営業成果は上がらないままになってしまった。

●業務委託契約
業務委託契約とは、民法上の契約類型ではありません。厳密に区別すると、委任契約または請負契約となります。
これらの契約は、どちらも仕事を請け負うという契約ですが、仕事完成義務及び瑕疵担保責任の有無に違いがあります。すなわち、請負契約は仕事完成義務・瑕疵担保責任があり、委任契約はありません。
コンサルティング契約は成果物が目に見えないことが多いため、契約書でしっかりと規定しておく必要があると言えます。

●問題点
今回の事例では、解除に関する条項を明確に定めていなかったことに問題があります。
このような契約の場合、例えば具体的数値目標を定めておくという方法も一理あるかと思いますが、一方にあまりに有利な内容になると、そもそも契約の段階までたどり着けない可能性があるので、交渉してから定める必要があると言えます。
全ての契約に共通することですが、信頼関係が破綻してしまった時の規定は明確に定める必要があります。

コンサルティング業務委託契約書(記載例)
A株式会社(以下、「甲」という。)とB株式会社(以下、「乙」という。)は、次のとおりコンサルティング業務委託契約を締結する。

(中略)

第○○条(契約解除)
1 甲または乙が、次の各号のいずれかに該当するに至ったときは、その相手方へ書面による通知をすることにより、本契約を即日解除することができる。
@ 本契約のいずれかの条項に違反した場合
A 甲が2か月以上、乙に対し報酬を支払わなかった場合
B 乙が2か月以上、本件コンサルティング業務を行わなかった場合
C (以下省略)
2 甲及び乙は、相手方に対し1か月前に書面による通知をすることにより、いつでも本契約を解除することができる。


(以下省略)


必要性 契約書作成
必要性 契約書作成 どのようなビジネスでもお客様が存在します。そして、どのような業種であれ、商品を売ったり、サービスを提供して終わりという一過性のものではないと思います。もし仮にそうだとしたら、現実的にビジネスの継続は非常に難しいと言えます。

そのように考えると、お客様との関係は必然的に継続性のあるものとなります。その継続的な関係の中で、認識の違いなどでお客様からのクレームをいただくこともあるかと思います。
契約書があれば、そのクレームへの対応も容易になり、穏便に収まる結果として、トラブル予防につながります。

※「中小企業一般」の料金です。これ以外に該当する場合は料金のご案内をご覧ください。
申請内容 ご依頼料金
契約書作成 ¥31,500〜
覚書・念書・誓約書作成
 ※「契約書は何だか貰いづらい・・・」という方、覚書・念書・誓約書をご利用ください!
\15,750〜
契約立会
 ※代理人としてではなく、立会人として業務を行います。
¥21,000
契約書チェック
 ※法務の部署がない企業様にオススメです!!
\21,000
内容証明郵便作成 \21,000
顧問契約
 ※顧問契約の内容は下記のとおり
法務相談
弁護士・税理士・司法書士などの各士業のご紹介
各種許認可申請の割引
 ※法務の部署がない企業様にオススメです!!
月額\21,000
※上記料金は目安です。内容によっては増減することがあります。



経験が豊富
前職での経験も含めると、これまでに数百種類の書類の取り扱いの実績があります!
全力サポート
お客様の満足をとことん追求します!
アライアンスの実現
当事務所理念でもあるアライアンス。士業だけでなく、様々な業種をご紹介いたします!
迅速・丁寧・親切
土日祝日対応で、フットワークの軽さもご好評いただいております!

日本国内の全国各地!幅広くサポートさせていただいております。!!
北海道地方 北海道
東北地方 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県
関東地方 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県
中部地方 新潟県 富山県 石川県 福井県 山梨県 長野県 岐阜県 静岡県 愛知県
近畿地方 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県
中国地方 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県
四国地方 徳島県 香川県 愛媛県 高知県
九州地方 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県
沖縄地方 沖縄県
契約書作成のことなら『アライアンス行政書士法務事務所』  福岡県糸島市志摩稲留235番地6 Tel:092-327-5517 行政書士 山中賢一
雇用契約書、労働契約書、譲渡契約書、業務委託・請負契約書、売買契約書、金銭に関する契約書などの作成は契約書作成のプロにお任せください!
アライアンス行政書士法務事務所 福岡 ホームページ作成(制作)のパンダナビ