390

不動産業に関係する法令

Posted by 山中 賢一 on 2013年9月6日 in 不動産業経営

不動産の売買契約や賃貸借契約は、民法に規定されています。
この他に代表的なものを挙げると借地借家法、宅建業法や消費者契約法、判例、更には国土交通省のガイドラインなどがあります。

全ての理解には手間と時間がかかる
先に挙げた代表的な法令だけでも膨大な量になります。
そして、民法の大原則として、「私的自治の原則」(強行規定や公序良俗、その他法令に抵触しない範囲で自由が認められる)というものがありますので、これら全てを理解するには手間や時間がかかってしまい、本業に支障をきたしてしまうことになりかねません。

390 Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

Copyright © 2013-2017 契約書作成のプロ All rights reserved.
This site is using the Multi Child-Theme, v2.1.2, on top of
the Parent-Theme Desk Mess Mirrored, v2.2.2, from BuyNowShop.com.