82

最後の意志

Posted by 山中 賢一 on 2013年9月6日 in 相続のこと

“死”というものは誰もが向き合うことになる現実です。
生前に築いてきたものを死後にも持っていくということはできません。

そこで民法という法律では相続という手続きを規定しています。
その中では、亡くなった方の最後の遺志を汲み取るという方法も用意されています。
これがいわゆる“遺言”です。

気持ちは伝わりにくいもの
人の気持ちというのは往々にして伝わりにくいものです。
相続という手続きにおいては、三世代や四世代が関係してくるケースも多々あります。

核家族化が進んでいく現代の日本では、身内にさえ気持ちを伝えるのも困難になってきているという現状も否定できないと思います。

82 Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

Copyright © 2013-2017 契約書作成のプロ All rights reserved.
This site is using the Multi Child-Theme, v2.1.2, on top of
the Parent-Theme Desk Mess Mirrored, v2.2.2, from BuyNowShop.com.